オランダ


オランダの旅行

レンブラントを中心に様々な芸術や文化の花を咲かせたオランダですが、その歴史は大きく外から動かされており、1568年~1648年の80年戦争でスペインからの独立を果たした後、再びフランス革命・ナポレオン時代には、フランスの支配を受け、またウィーン議定書で独立を回復して王国となります。西欧の北西部に位置し、ベルギー、ドイツと国境を接している。移民の割合が高い国でもあり、様々な人や文化が混じる場所です。

芸術と建築文化が発達したオランダでは、ただ歩くだけでも、十分に旅行を楽しむことができます。様々な様式の建築物を鑑賞したり、あちこちにある様々な美術館、博物館で作品を鑑賞しましょう。街中に巡らす運河に停められている小さな船と自転車がたくさん並ぶ景色が特徴的です。。


言語:オランダ語

面積:41,543㎢

宗教:カトリック、プロテスタント

貨幣:ユーロ(Euros)

電圧:230V

 

 


オランダの主な観光地

オランダで最も多くの観光客が訪れる都市はアムステルダム。アムステルダムの他にも近郊に日帰りで十分行ってくることができる都市も多い。

1)アムステルダム:アムステルダム国立美術館、I amsterdamの写真スポット、アムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)、ゴッホ美術館、アンネフランクの家、ダム広場、花市場、レンブラントハウス、ハイネケン体験館、ヨルダン地区、アムス展望塔

2)ザーンセスカンス:風車村、木靴工房、風車博物館 De Kat

3)ザーンダム:駅、インテルホテル - レゴランドと呼ばれる。レゴのようなデザインの建物がかわいい

4)ハールレム:聖バフォ教会、テイラー博物館 - 最近人気の旅行先で、アムステルダムから電車で20分

5)ロッテルダム:ロッテルダム市場/マーケットホール、立方体の家、ユーロマスト、エラスムス橋 - 建築の都市であり、独特の建築物が印象的

6)ハーグ:イ・ジュン平和記念館、マウリッツハイス美術館、ビネンホフ(現国会議事堂)

7)キューケンホフ公園:チューリップ祭りが開かれる場所で、春に訪れるなら訪れる価値のある所

8)ヒットホーン:スマーフ村でよく知られているところで、ボートに乗って運河沿いに街を見物するのが楽しいです

 

 


オランダの旅行時期

オランダの象徴、チューリップが花咲く季節:3月〜5月

日照量が多く、天気が良い季節。オランダシンボルの一つであるチューリップ祭りが開かれる時期で、非常に美しく、華やかな風景を見ることができる。まだ日較差が大きい季節なので、上着を持っていくことをおすすめします。

 

涼しい天候でかつ日照時間が長く旅行しやすい季節:6月 - 9月の

にわか雨が頻繁に降りますが、湿度はそんなに高くはなく、比較的快適な天気です。昼は非常に長いので、お祭りが開催されることも多々あるので様々な観光地を周るのに最適な時期です。綺麗な夜景を見るためには、一日のスケジュールを少し遅らせて体力を温存するのも大切かもしれません。

 

美術館、博物館などの屋内活動を楽しむのに良い時期:10月 - 2月の

雨よく降って天気がぼやけるのは残念ですが、秋には赤い落ち葉で街が染まり、日没時間にはとても美しい景色が見れます。冬には日照時間が非常に短くなりますが、夜景をより楽しむことができるチャンスです。曇りがちで雨は小雨が続き、寒い天候のため、室内でできる活動をたくさん計画しましょう。

 

 


オランダの旅行の予算/オランダ物価

他の西ヨーロッパ旅行と似たような水準です。世界で最も最低賃金が高い国の一つで、スーパーの一般的な食材は、手頃な価格ですが、外食はどのレストランも少し高くつきます。交通費が高いので地元の人の多くは自転車を利用しています。一日一人当たりの平均予算はホテルを除いて80ユーロほど。

 

 


オランダの伝統的な食べ物

オランダは、それほど食文化が発達しているわけではありません。地元の人々も外食より家庭で料理をする人が多いです。観光客に有名なレストランは、人がたくさん集まって混雑することが多く、待ち時間が非常に長いので、Webサイトで可能な分は事前に予約することをお勧めします。

1)ストロープワッフル:市場へ行くとその場で焼きたての温かいストロープワッフルを味わうことができます。柔らかいクッキーのようなお菓子の間にキャラメルシロップを挟み、上には様々なトッピングを乗せて食べます。

2)ハ―リング:よく手入れされたニシンを塩と酢に漬け料理。レストランや沿道のスタンドでよく見ることができる。ニシンのみの販売したり、パンの間に挟んでサンドイッチのよう販売したりする。

3)ダッチパンケーキ:オランダのクレープはとても薄く、その上に様々な具材をトッピングします。また、こじんまりした一口サイズのミニケーキポッフェルチェ (Poffertjes)も有名である。朝食に非常に適している。

4)フライドポテト:オランダには、私たちが普段食べるファーストフードのフライドポテトとは全く異なる、フライドポテトを専門とするお店がたくさんあります。ケチャップではなく、ダッチマヨネーズなど、さまざまな種類のソースを付けて食べます。ダッチマヨネーズは味付けの役割だけでなく、ポテトが冷めないようにする機能もあるんだそう。小さいサイズを注文しても、かなりたくさん出てきます。価格も比較的安いのでおやつに軽く食べるのがおススメです。

5)オランダのチーズ:オランダでは、普段見ることのないような大型サイズのチーズから濃い黄色のものなど、漫画で出てきそうなチーズがたくさんあります。小さいサイズのチーズを購入してパン、料理と一緒に食べてみましょう。


6)クロケット:コンビニの揚げ物のような存在のオランダのコロッケ。オランダの駅や市内で、できたての揚げ物を手頃な価格で購入できる自動販売機(vleesmuur)を頻繁に見ることができる。お肉やクリームが入っており、ジャンクフードとは言えない美味しさです。オランダやベルギーで常に親しまれてきたクロケットは是非食べてください。

7)ヒュッツポット:オランダの代表的な家庭式のいずれかであるヒュッツポット。ジャガイモ、ニンジン、タマネギをつぶして入れ、ソーセージやミートボールなどでできたローカルフード。

 

 


オランダの交通

オランダは電車、地下鉄、トラム、バスなど様々な交通手段がありますが、オランダでのみ見ることができる珍しい風景の一つは、自転車交通。通勤時間を含めて、市内のあちこちで使われています。車やトラムとの距離が近くて怖いという声もありますが、自転車道が非常に整備されているので、自転車で旅行するには良いところでもある。ローカルのように旅行したい場合は市内のあちこちにあるレンタルショップで自転車をレンタルして乗るのもおすすめです。主要のどうろだけでなく、運河沿いも行くのがおススメです。自転車に乗るときは、自転車の信号を守り、曲がるときや道路を渡るときには進みたい方向に手で方向などの表示をすることを忘れないように。これが自転車の運転手と車の運転手の間のコミュニケーションになります。

地下鉄はもちろんトラム、バスに登場するときも必ず乗車時と降車時にチケットをタッチしなければなりません。改札がないこともありますが、その場合も列車から降りたプラットフォームにはチケットの機械があります。アムステルダムの場合には、路面電車の中に案内員がいます。また、トラムの場合搭乗時にすべてのドアが開かれるのではなく、一部が自動で開く場合があるので、開かないドアはボタンを押して開けるか開いたドアの方に行ってください。

トラム、バス、メトロは朝6時から深夜30分頃まで運行しています。夜行バスは早朝7時まで。

 


1)アムステルダム・スキポール空港から市内への行き方

列車:アムステルダム空港から中央駅まではおよそ20分程度かかります。価格は片道4.30ユーロです。

 

2)アムステルダム市内交通

1.アムステルダムカード:シティカードを持っていれば市内交通を無料で利用することができます。主要観光地への入場が可能な場合もあります。

価格:24時間券 59ユーロ/ 48時間券 74ユーロ/ 72時間券 87ユーロ/ 96時間券 98ユーロ

購入リンク:https://www.iamsterdam.com/en


2.アムステルダムGVBデーチケット:アムステルダム市内でのみ滞在する予定であれば、市内の公共交通機関を無制限に利用できるチケット。0:00で更新される日付基準のカウントではなく、開始した時間から時間単位で計算されます。

価格:1日券 7.5ユーロ/ 2日券 12.5ユーロ/ 3日券 17.5ユーロ/ 4日券 22.5ユーロ/ 5日券 27.5ユーロ/ 6日券 31.5ユーロ/ 7日券 34.5ユーロ

 

3.アムステルダムトラベルチケット:1-3日券で構成されており、こちらは時間ではなく、開始日に計算される方式。数日程度の短期間に適したチケットです。また、スキポール空港 - 市内間の列車やシャトルを無料で利用することができます。

価格:1日券16ユーロ/ 2日券21ユーロ/ 3日券26ユーロ

 


4.アムステルダム・周辺地域トラベルチケット:ザーンセスカンス、ザーンダムなど近郊の都市を訪問する予定であれば、便利なチケット。アムステルダム市内はもちろんスキポール空港 - 市内間の列車も利用可能です。

価格:1日券 18.5ユーロ/ 2日券 26ユーロ/ 3日券 33.5ユーロ

 

3)アムステルダムから周辺都市へ移動する方法

列車:近郊都市間列車の移動は非常に便利です。駅で切符を購入しても良いですし、事前に予約することもできます。あるいは駅のインフォメーションセンターでも購入することができます。

バス:バスは少し時間がかかってしまいますが、列車の時間が不便であれば、バスを利用するのも一つの方法でしょう。

 

  
オランダの旅行のチケットや割引

学生の場合は、国際学生証を事前に準備するようにしましょう。様々な公共施設の入場券を購入する際には必ず国際学生証を先に提示し、学生割引があるかどうか確認しました。日本語の学生証だと受けれいてもらえない可能性がありますので、国際学生証を準備しなければならない。

アムステルダムのミュージアムは入場料が安くありません。いくつか周りたいところがある時には、アムステルダムカードやオランダパスを利用すれば、お得になることも多いので、旅程に合わせてパスを事前に調べてみましょう。事前に自宅まで郵送してもらうか、空港で受け取ることもできます。駅の観光局オフィスやツアーセンターでも購入できます。

 
1)アムステルダムシティカード (I AMSTERDAM CITY CARD)

アムステルダムカードは日程に関係なく、使用する日付で計算されます。ゴッホ美術館、アムステルダム国立美術館、アムステルダム市立美術館、アムステルダム運河クルーズなど、60以上のミュージアムに入場可能で、公共交通機関利用(電車、空港 - 市内間の列車を除く)も可能である。そのほかにも様々な割引があり、多くの旅行者が利用しています。

カードの購入は自宅までの郵送と、スキポール空港やアムステルダム中央駅で受け取る方法もあります。最初に利用したタイミングで時間が計算される方式です。

価格:24時間券 59ユーロ/ 48時間券 74ユーロ/ 72時間券 87ユーロ/ 96時間券 98ユーロ

購入リンク:https://www.iamsterdam.com/en

 


2)オランダパスHOLLAND PASS

オランダパスはアムステルダムパスとは異なり、時間ではなく、訪問したい場所の数に応じてプランを選べます。 Small、Medium、Largeに分かれており、それぞれの観光地にシルバーやゴールドなどとラベルが付けられており、自分の計画と照らし合わせて考えることができます。たとえばSmallを購入した場合には、1つのゴールドレベル、2つのシルバーレベルへの無料入場が可能で、無料のガイドブックと各割引がもらえます。

価格:スモール40ユーロ/ミディアム55ユーロ/ラージ72ユーロ

購入リンク:https://hollandpass.com/

 

 


オランダの両替

オランダでは、ユーロを使用するので、ヨーロッパ旅行を準備する旅行者にとっては便利。現地の両替所は手数料が高い場合もあるので事前に両替するかATMで現地通貨を引き出すのがおすすめです。また、オランダでは、カードでの支払いが普及しており、カードのみの支払いしか受け入れられないこともしばしばあります。。

 

 

 


オランダのお土産

1)ストロープワッフルStroopwafle:しなやかでコーヒーと合うクッキーのような固めの生地にシナモンなどの香りの効いた甘いキャラメルが入ったオランダのお菓子です。スーパーで簡単に購入できるものもとても美味しく、空港などで売っている高いものと味の差はさほどありません。

2)チューリップのお土産:チューリップの国であるだけに、すべてのお土産店でチューリップの装飾品が見つかります。チューリップの種は税関で申告が必要です。

3)木靴:下駄を直接作る姿を見ることもでき、自分のサイズに合わせて様々なスタイルの木靴を購入することもできます。または木靴の形をしたスリッパもありますよ。

4)ゴッホのお土産:アムステルダムで必ず行きたい観光地のゴッホ美術館のお土産ショップでは、ゴッホの作品とデザインなどが使われたさまざまなお土産を探すことができます。

5)エコバック:アムステルダム、チューリップ、オランダの家などが描かれた様々なエコバッグも人気のお土産。

6)ミッフィーぬいぐるみ:ミッフィーが誕生した国、オランダ。公式ミッフィーストアもありますが、市内複数のお土産店でミッフィーキーホルダー、携帯ストラップ、はがき、人形などが見つけられます。

7)ダッチマヨネーズ:フライドポテトととても合うダッチマヨネーズ。スーパーなどで簡単に購入できます。

  

 


オランダの免税

旅行中に購入した商品を、その国で使用しないで自国に持って帰る時に、付加価値税の還付を受けることができるタックスリファンド。オランダで購入した商品をタックスリファンドを受けるためにはシェンゲン協定外の居住者でなければなりません。タックスリファンドがされている加盟店の場合、店外あるいはレジにタックス・リファンドのマークがありますので、確認してみましょう。

オランダでタックスリファンドを受けるには、50ユーロ(約65,00円相当)以上購入する必要があり、90日以内に帰国しなければなりません。また、購入した物品は、中身を袋から取り出さず包装された状態で保管しなければならない。


免税手続き用の用紙を作成し、税関でスタンプをもらって空港に用意されたタックス・リファンドのポストに書類を必ず出さなければなりません。グローバルブルータックスフリーとGWK Travelex(プレミア・タックス・フリー、イージータックスフリー、イノーバタックスフリー)の2種類がありますので、書類を確認した後、適切な場所に入れましょう。領収書は大切にし、免税用紙に書く名前はパスポートの名前通りに書くよう気を付けて下さい。


アムステルダム・スキポール空港では、三階の出発ゲートに行けばタックスリファンドデスクを見つけることができます。カードもしくは現金で還付を受け取ります。

 

 

 


チップについて

オランダではそれほど、他のヨーロッパの国々のようにチップを払う文化はあまりありませんが、地元の人は時々少しのチップを置いていくこともあります。

 

 



オランダの旅行のコツ

オランダ人は一般的に、英語が非常に流暢で英語での意思疎通は容易です。

また街の中では、特にオランダでは人が多く、コーヒーショップからはマリファナの匂いが強くする場所もありますが、マリファナ自体はオランダでは合法で、社会の影でする人が増え、治安が悪化するのを防ぐ役割をもっているとも考えることができます。飾り窓地域に関しても同様です。また、オランダの自転車交通はトラムとかなり距離が近いので気を付けてください。歩行者道路にも気を配ったり、車に対して腕を出して方向を指し示すなど、オランダでの自転車運転者としてのルール把握が必要です。


オランダはカードのみの支払いのレストランやカフェがかなり多い方です。

オランダの旅行の際に最も注意すべき点の一つは、まさにカフェやコーヒーショップの違い。 「コーヒーショップがどこですか?」と聞くと、マリファナを扱うショップになります。コーヒーを飲みたいときは 'カフェ'に行くということを忘れないようにしてください。

また、旅行中都市間あるいは他国への移動のためにホテルのチェックアウト後荷物を置いておく場所を探しているのであればまずは駅のロッカーを見てみてください。アムステルダム駅の場合、非常に大規模な荷物の収納ロッカーがあります。