プラハの天文時計

プラハ旧市街の絶景ポイント

プラハ観光 旧市街

プラハの街には多くの天文台が点在しています。中でも有名なのがプラハの天文時計。ここはプラハの旧市街に位置し、館内がリノベーションされているので清潔で快適に絶景を楽しむことができます。

 

プラハ天文時計 旧市街

毎時間使徒が行進する天文時計

プラハの旧市街は必見観光スポットが多く集まる場所で観光のスタート地点とされることが多く、いつも観光客で混み合っています。静かな雰囲気の旧市街を楽しみたいなら朝早くか夜の遅めの時間に訪れるのがおすすめ。また、ここは多くのストリートアーティストがパフォーマンスをしているので活気ある場所でもあります。様々なカフェやレストラン、お土産屋さんも集まっています。

プラハの天文時計は1410年に設計されました。この時計は天文暦と天体暦を利用していて、毎時間0分になると12の使徒が行進をする仕掛けになっています。その時間になると、行進を見に来る観光客で広場は混み合っています。スケルトンがベルを鳴らし、砂時計を弾き、そして12の使徒が近づいていることをトルコの像に知らせます。像は頭を振って拒否し、その後12の使徒たちは時計の小さな2つの窓から順に顔を出します。旧市庁舎に中に入って2階のチャペルに上がると、使徒達の行進する様子をより見やすくなります。

 

プラハ 天文時計 旧市街

旧市庁舎は14世紀に邸宅として建てられ、後に公共の建物として利用されるようになりました。1338年に建てられ、5つの歴史的建築で構成され、各建物がそれぞれの時代の建築様式を象徴しています。ゴシック様式のこの建物は、高さ69.5 m。19世紀に北の建物がネオゴシック様式で建てられました。

天文時計に登るには2つの方法があります。速く楽に登るにはエレベーターを待つ、もしくはゆっくりと街の眺めや歴史的建築を楽しみながら階段で登る事もできます。天文時計のガラス張りのエレベーターは、プラハの中世の等の中で唯一存在しているエレベーターだそう。

 

プラハ旅行 絶景

天文台に登ると、プラハの街を望む360度のパノラマビューが迎えてくれます。天文台のすぐ真下には、パステルカラーと赤い屋根が西欧らしいロマンティックなプラハの旧市街が広がっています。

 

プラハ旧市街 時計台

天文台からは旧市街広場やティーンの前の聖母教会が見えます。賑やかな旧市街を眺めるには絶好のスポット。遠くを眺めると、喧騒から切り離された静かで落ち着いたプラハの街が広がっています。

 

プラハ城 絶景 タワー

他の角度からは、プラハ城が見えます。この天文時計はプラハの街の中心に位置しているので、一目で街の全ての風景を眺めることができます。

 

プラハ 絶景ポイント 天文台

O'bon Paris' tip

街の魅力のうちのひとつ、赤い屋根が立ち並ぶプラハの絶景を前にすると、その美しさを捉えようと夢中で写真を取ってしまいます。天文時計の上からの眺めはそれほど輝いていて、プラハ旅行の際には絶対訪れたいスポットナンバー1です。街を少し離れたところから見たいのであれば、ペトジーン展望台がおすすめ。

 


著者 Yuka Ishihara

撮影 Yuna Lee

情報

住所 : Staroměstské nám. 1, 110 00 Josefov

営業時間 : 月 11:00-22:00 / 火-日 9:00-22:00

使徒の行進時間 : 毎時間0分 9:00-23:00

料金 : 大人 220 CZK / 6-15歳 & 26歳以下の学生 120 CZK / ファミリーチケット(大人2 + 15歳以下の子ども4人) 450 CZK