パリお買い物徹底ガイド2023

現地パリジャンによるおすすめ&割引やお得情報


フランス旅行やパリ旅行、はたまたパリ在住でも、ファッションの都でのショッピングは楽しみの一つ!高級ブランドや、ファッション、化粧品、香水、などなどチェックしたいアイテムは山のようにあります。また、現地だからより安い価格なのに加えて、免税のおかげでさらにお得にお買い物を楽しめます。 

この記事では、パリでのショッピングを楽しむために必要なすべてのお得情報をまとめました。ショッピングにおすすめのエリア、それぞれのアイテムを探すのに最適な場所、見逃せない特典や割引クーポン、免税手続きの仕方やセキュリティ等、お買い物前にぜひチェックしてくださいね!

 

パリで買い物をするならどこ?
ショッピングおすすめのエリア

街には素敵なブティックやショップがあちこちにありますが、ショップが集中している通りや、超人気のお買い物エリアもあります。

パリ 買い物ブランド安い

パリでお買い物と言えば、まず最初はマレ地区。このエリアには、ニッチなファッションブランド、ビンテージストア、職人による手作りのジュエリー、アンティーク、アートギャラリーなどがあります。マレ地区の詳細については、こちらの記事を参照してください。

行き方: メトロ1番線 Saint-Paul駅 / 1番線、11番線 Hotel de Ville駅

かつてエミール・ゾラが「パリの胃袋」と表現したフォーラム・デ・アールは、かつてパリのメインのマルシェでした。このエリアは 1970年代に多層階の地下ショッピングセンターに生まれ変わりました。レ・アールエリアには、ファストファッションのお店や流行のなブティックが集まっています。パリで最も長いショッピング街のリヴォリ通りとモントルグイユ通りが近くにあります。

行き方: メトロ1、4、7、11、14番線、RER A、B線 Châtelet Les Halles駅

パリ 買い物ブランド安い

高級ブランド、デザイナーズブランドのお店をお探しなら、シャンゼリゼ通りと「トライアングル・ドール」(モンテーニュ通り、ジョルジュ・サンク通り、フランソワ通りで形成される黄金の三角形)がおすすめ。シャネルやディオールなどの伝説的デザイナーの旗艦店が通りに並んでいます。

行き方: メトロ9番線 Alma Marceau駅、1番線9番線 Franklin D. Roosevelt駅、1番線 George V駅、RER A線 Charles de Gaulle-Etoile

サントノレ通り、ラ・ペ通り、ヴァンドーム広場にもクラシックなデザイナーのお店が点在していますが、多くの高級時計やジュエリーブランドのショップ(ロレックス、ウブロ、ブランパン、ブシュロン、パテックなど、ヴァンドーム周辺) もあります。

行き方: メトロ1番線 コンコルド駅、チュイルリー駅、7、14 番線ピラミッド駅

パリ 買い物ブランド安い

Bourse周辺のエリアはコレクション ショップ(切手、コインなど) のメイン エリアであり、アンティークショップも数多くあります。また、Galerie Vivienne、Passage Jouffroyなど、この地域の古い屋根付きの「パッサージュ」と呼ばれる古き良き趣のある書店、職人の店などもおすすめ。ここでしか見つけられないアイテムも多く、お土産やプレゼント探しにもぴったりです。

行き方: メトロ3番線Bourse駅

オスマン大通りはデパートがあり、ショッピングに最適なエリアの1つです。

行き方: メトロ3番線 9番線 Havre-Caumartin駅、3, 7, 8番線 Opéra駅、RER A線 Auber駅

 

パリのショッピングモールとデパート

パリのデパートは、歴史的に世界で最初のデパートの1つです。1838年に、オー・ボン・マルシェと呼ばれるショップがパリに設立され、レース、リボン、シーツ、マットレス、ボタン、傘などの商品を販売していました。その後、商品の品ぞろえを拡大し、現在のデパートへと発展していきました。

パリ ギャラリーラファイエット

今日では、ギャラリー・ラファイエット、ラ・サマリテーヌ、LE BHVマレ、ル・プランタン、ル・ボン・マルシェの5つの主要なデパートがあります。どれも19世紀後半から続く老舗です。中でもおすすめは、ヨーロッパ最大のデパート、ギャラリー・ラファイエット!

パリ 買い物ブランド安い

ギャラリー・ラファイエットは単なる百貨店ではありません。有名なステンドグラスのドーム天井やパリの素晴らしい景色を望む素晴らしいテラスなど、パリに来たなら見逃せない美しい歴史的建造物です。また、ギャラリー・ラファイエットでは、フランス料理教室など、フランス文化を学べる多くのアクティビティを提供しています。アクティビティに関してくわしくはこちらをチェック

パリ 買い物ブランド安い

ショッピングをするなら、ギャラリー・ラファイエットは間違いなく天国。その 70,000 m2もある巨大な売り場には、プレタポルテからオートクチュールまで、あらゆる予算に合わせた3500以上の非常に幅広いブランドと商品が並んでいます。メインの本館と、メンズ館、メゾン&グルメ館の3つの建物で構成されています。本館の各フロアは、ウェルネスセンター(地下1階)、ビューティー&コスメとアクセサリー (1階)、レディースファッション(2階から4階)、ランジェリーとアクセサリー(5階)、子供服(5階)とジャンル別になっています。ファッションとおもちゃ(6階)、書籍と土産物(7階)。ギャラリー・ラファイエットでショッピング予定の方は、こちらの特典クーポンをお見逃しなく!

住所: 40, Boulevard Haussmann 75009 Paris
アクセス : メトロ7、9番線 Chaussée d'Antin-La Fayette駅、3、7、8番線 Opéra 駅、RER A線 Auber駅、RER E線 Haussmann-St Lazare駅
営業時間:月-土 10:00-20:00 / 日・祝 11:00-20:00

パリ 買い物

もっとゆっくり落ち着いてお買い物をしたい方は、Le BHV Maraisもおすすめ。パリで地元の人に人気のデパートです。マレ地区にあり、高級ファッションブランドから人気のアパレル、ステーショナリー、キッチン家電、生活雑貨、お土産用の食品や飲料、インテリア、家具、DIY用品など、品揃えは非常に豊富です。

住所: 52 Rue de Rivoli, 75004 Paris
アクセス : メトロ1、11番線 Hôtel de Ville駅
営業時間:月-土 10:00-20:00、日 11:00-19:00

 

パリのアウトレット

パリアウトレット安い おすすめ ラヴァレヴィラージュ

アウトレットでは、前年のコレクションなどが割引価格で販売されていて、元の価格よりもはるかに安くお買い物を楽しめます。ハイエンドブランドをお得に買いたい方にはぴったり。パリ中心部にはアウトレットはありませんが、パリからすぐの街にはいくつかあります(パリ中心部から1~2時間)。

中でもイチオシのおすすめアウトレットは、遠く離れたラ・ヴァレ・ヴィラージュ。110を超えるショップがあり、多くのラグジュアリーブランドが揃っています。なんとアウトレット価格で最大70%割引。

パリアウトレット安い おすすめ ラヴァレヴィラージュ

パリからそれほど遠くなく、中心部から約 1 時間ほどで、パリディズニーランドのすぐ近くです。(アクセス方法の詳細はここをクリック)

すべてのお店が伝統的なフランス様式のヴィラージュ内にまとまっています。素敵な町並みで、本当に小さなヴィラージュ(村)で買い物をしているよう。 ヴィラージュ内にはレストランや飲食店もあり、お買い物中の休憩にも便利です。

また、O'bon Parisクーポンを使用すると、ラ・ヴァレ・ヴィラージュで追加割引と無料スイーツをゲットできます。特典クーポンVIPパスはこちらのページからダウンロードしてください。ヴィラージュに到着したら、ウェルカム デスクに直接行き、VIPパスを提示して特典を受け取りましょう。

住所 : 3 Cours de la Garonne, 77700 Serris
アクセス : RER A線 Val d'Europe駅
営業時間:月-金 10:00-20:00、土日 9:00-20:00

 

パリで化粧品、スキンケア、香水、化粧品はどこで買う?

フランス生まれの世界的有名美容ブランドが多くあり、日本でも大人気。フランスで化粧品を購入すると、日本で買うよりもはるかに安く、さまざまなタイプの肌に合わせた幅広い選択肢があります。

フランス 香水 安い

パラファーマシーモンジュ(モンジュ薬局)は、パリのスキンケアと化粧品の殿堂とも呼べる場所。ここは、値段の安さと観光客に優しいポリシーで有名で、15%の免税とO'bon Parisのクーポンで10%の割引が受けられます。ビオデルマ、アベンヌ、ラロッシュポゼ、ニュクス、ダルフォン、シスレーなどの主流の化粧品ブランドだけでなく、海外ではまだ知られていないパリの新しいニッチブランドもあります。

住所: 78 rue Monge, 75005 Paris
アクセス : メトロ7番線 Place Monge駅
営業時間: 月-土 8:30-20:00、および一部の日曜日

フランス 香水 安い

香水やメイクアップコスメをお探しの場合は、モンジュの目の前にある香水ショップBurdinがおすすめ。豊富なブランドを、O'bon Parisクーポンでさらに割引でお楽しみいただけます。クーポンはこちらから

 

古着, ヴィンテージショップ, 蚤の市

パリ 古着屋さん

フランスは古着やヴィンテージ品を扱っているお店も多く、ヴィンテージ好きにはたまらない国。パリだとどこにでもありますが、モンマルトルやマレ地区などのいくつかのエリアに集中しています。ヴィンテージの高級品に焦点を当てたものもあれば、キロショップ(購入する服の重量に応じて価格を支払う) など、よりカジュアルな古着を販売するお店もあります。

パリ古着

パリの中古ショップ情報はこちらの記事で詳しく紹介しています。他にも「Brocante」「Vide-greniers」で検索すると、お得なアイテムを発見できます。Brocanteは、プロの売り手によるフリーマーケット、Vide-greniersは個人の売り手による野外セールです。これらのイベントは通常、屋外で行われ、主に春と夏に行われます。時間帯は、通常1日中続き、ほとんどが週末に行われています。

フランス パリ 蚤の市

夏の期間限定のフリーマーケットとは別に、パリには常設のフリーマーケットもあります。最も有名なのは、1870年に作られた世界最大のマルシェ・オー・ピュス・ド・サン・トゥアンです。希少で高価な骨董品からアクセサリーまで、様々なアイテムを見つけることができます。ただ、売り手はプロばかりなので、なかなか良いお値段がすることも。そんな時は値段交渉してみるといいかも。

アクセス: メトロ4番線 Porte de Clingancourt駅、13番線 Garibaldi駅
営業時間:金曜8:00-12 時, 土-月10:00-18:00

フランス パリ 蚤の市

パリ14区の南にあるヴァンヴのフリーマーケット ( Puces de Vanves ) も300店舗ほどある有名どころ。ヴァンブの蚤の市は、ヴィンテージの食器、様々なコレクター収集品、古い写真、ヴィンテージの服など、ちょっとした素敵な小物が見つかる場所です。

行き方 : トラム3番線 Didot駅、メトロ13番線 Porte de Vanves駅
営業時間:土-月 7:00-14:00

 

 

フランス土産

パリでお土産を探すのは簡単です。観光地周辺には何百もの店があり、小さなエッフェル塔、ベレー帽、パリのトートバッグなど、同じ商品を売っていますが、ほとんどはフランス製ではないので注意が必要。せっかくフランスに来たのなら、メイド・イン・フランスのお土産がおすすめです。フランス製のお土産品を探すなら、おすすめは「Paris est toujours Paris」。

フランス土産 おすすめ

美しいパッサージュのPassage Jouffroy内にあります。ショップには、人気のエッフェル塔関連グッズから、食器、洋服、傘まで、様々なお土産があります。このお土産店で使える10%割引クーポンはこちらから

住所 : 47 Passage Jouffroy, 75009 Paris
アクセス : メトロ8番線 Grands Boulevards駅
営業時間 : 月-日 11:00-19:00

フランス土産 おすすめ

フランスのファッションを代表するベレー帽も、パリで売られている安いベレー帽のほとんどは外国製です。フランスのピレネー山脈の近くでベレー帽を生産するLaulhere(ロレール)はご存じですか?やっぱり安物とは違ったシルエットの綺麗さと、素材の美しい質感は格別。Laulhère Heritage でのお買い物に使用できる10%割引クーポンはこちらから

住所 : 7 Rue la Vieuville, 75018 Paris
アクセス : メトロ12番線 Abbesses駅
営業時間:月-日 11:00-19:00

 

パリの買い物で使えるお得情報

それでは、パリでのショッピングを存分に楽しむために必要なすべての情報を見ていきましょう。 特典クーポン、割引、免税、セール(ソルド)、セキュリティ、返品&交換、消費者の権利、営業時間、休日などなど、お役立ち情報をまとめました。

 

1

クーポンと割引

O'bon Parisは、多くのパリの店舗と提携しており、お得な割引クーポンを配信しています。よりお得に安くお買い物したい方はお見逃しなく!クーポンの無料ダウンロードはここをクリック

フランス パリ 買い物安い クーポン

クーポンの使い方はとても簡単!無料でダウンロードでき、記入したメールアドレスに直接届きます (一部クーポンはQRコード付き)。受信できない場合は、スパムボックスを確認してください。次に、割引を利用するには、支払い前にクーポンを提示しましょう。

また。ご利用前に条件をよく確認してください。特定のブランド/すでに割引されている商品には適用されない場合があります。

ギャラリー・ラファイエットのクーポンは、クーポンページからバーコードを直接提示することで特典が受けられます。

ラ・ヴァレ・ヴィラージュについては、クーポンページのリンクから特典クーポンをダウンロードしてください。このクーポンを「ウェルカムデスク」に提示するとスイーツの引き換え券をもらうことができます。

 

2

フランスの免税手続き方法

免税はより安くお買い物をする絶好のチャンスですが、その方法はちょっぴり複雑なことも、、。フランスでの免税ショッピングについて知っておくべき情報を見ていきましょう。

免税対象となるには、下記の条件を満たしている必要があります。
-購入時に主な居住地がEU以外の国の場合。
-16歳以上。
-フランス滞在期間が6か月未満。
-同じショップで同じ日に購入されたもののすべての税金を含めた購入の合計金額が100ユーロ以上。
上記の条件を満たす場合は、お買い物時にお店で免税書類を作ってもらいましょう。書類に店のスタッフのサインと自分のサインをするのを忘れずに!また、免税書類を作る際には、お店ででパスポートの原本を見せなければならないので、忘れずに持参しましょう。

フランス 免税

フランスからEU圏を離れるときは、作った書類をもって、空港にある青いPABLOという機械で免税手続きを行います。書類に記載されたバーコードを機会にスキャンし、指示通りに操作を進めると完了します。機械では日本語を選べるので安心です。

もしくは手動で手続きを行うこともできます。フランスの税関で、2枚の免税払い戻し書類にスタンプを押してもらい、返送します (スタンプを押した書類を買い物をしたお店に送付する必要があります)。税関職員が購入品を確認する場合があるので、機内持ち込み手荷物の中に入れましょう。免税手続きコーナーに書類を投函する箱があるので、そこに書類を入れます。商品を購入したクレジットカードに、30~90日以内に払い戻しを受け取ることができます。

列車でフランスを出国する場合は、旅行中または国境検問所 (EU出口地点) で、免税書類に税関のスタンプが押されている必要があります。フランス以外のEU加盟国からEUを離れる場合は、手荷物検査後、加盟国の税関がスタンプを押してくれます。日本に戻ったら、スタンプが押された書類を買い物をしたお店に送ります。

上記の方法以外にも、一部のショップでは「即時税還付」オプションがあります。カードで支払う場合、税抜きで価格を直接支払うことができます。ただし、PABLOの機械でスキャンし、その書類をお店と取引している免税会社 (Planet、Global Blue など)に送る必要があります。

 

3

セール(ソルド)

フランスでのセールは厳しく規制されています。「レ・ソルド」の間、店は在庫を売るために赤字で売ることが許されています。

フランス セーR ソルド

冬のセール (soldes d'hiver) は1月(通常は1月の第2水曜日)に始まり、夏のセール (soldes d'été)は6月(6月の最終水曜日)に始まり、どちらも4週間続きます。期間中は日が経つにつれてどんどん割引率が大きくなっていきます。セール期間中に買った商品は、大体返金や交換ができません。

 

4

治安

フランス 治安

パリには、他の観光都市と同じように、観光客を狙ったスリがいます。通常、スリは観光地(空港、有名な博物館、ショッピングモールなど)の近くに集まっているため、特に公共交通機関や人混みでは特に注意しましょう。買い物をしている間、常に自分の荷物に目を光らせてください。バッグや購入品を1秒でも下に置かないこと。身の回り品をバッグに入れ、しっかりと閉じて身体の前に持つこと。財布には最小限の現金しか入れないようにし、支払いの際にはあまり見せびらかさないようにします。しっかりと気を抜かずに、安心安全な旅を楽しみましょう。緊急の場合、フランスの警察番号は17です。

 

5

返品、交換、および消費者の権利

店を出る前に、必ずカウンターで、支払ったすべての商品がバッグに入っていることを確認してください。お店を出た後に買ったものが入っていないことに気付いた場合、それを証明することは非常に困難です。

フランス 免税

フランスの消費者法に基づき、7日以内に購入品を返品する権利があります。腐りやすい商品、オーディオ/ビデオ、コンピューターソフトウェア、雑誌はこの法律の対象外です。返品交換する場合は、すべての包装や値札が付いたままの状態である必要があります。また、返品交換の際はレシートが必要です。

通常、電化製品などの商品には保証が付いています。これにより、消費者は払い戻しを受けたり、アイテムを修理または交換したりできます。各販売者または製造業者は、独自の条件と期間を自由に決定できます。


 

 6

営業時間・定休日

フランスの一般的なお店の営業時間は月曜日から土曜日の9:00から19:00までです。その他の大型店やショッピングモールは、終日遅くまで営業しています。特に小さな町の伝統的なお店は、昼休みに2~3時間閉店するところもあるので注意しましょう。フランスの日曜日は休息日とされていて、パリの大型店やモール以外は営業を許可されていません。

パリ アウトレット

また、フランスは祝日が多いことで有名です。これはパリへの旅行中のショッピングの予定に影響を与える可能性もあるので、事前に確認しましょう。特に注意が必要なのが、4月の復活祭、5月1日、5月8日、 6月初旬聖霊降臨祭、8月15日 被昇天日、11月1日、11月11日。インターネットの情報は更新されていない可能性があるので、事前にお店に問い合わせるのがおすすめです。学校の休暇中(特にクリスマス、年末年始、夏季)は、地元の店や小さな店は閉店する可能性が高くなります。

 

7

ショッピングの合間にどこで食事する?

パリ ランチ レストランアおすすめ

買い物にエネルギーを費やしているうちに、お腹がすいてきたはず。ショッピングエリア近くにはたくさんの飲食店があります。ギャラリー・ラファイエットで買い物をするなら、 EL&NMamaSens などデパート内にたくさんの選択肢があります。Pharmacy Monge の近く、有名な「Rue Mouffetard」には良質で安いお店がたくさんあります。また、「エミリー、パリへ行く」のロケ地になったレストランテラネラも歩いてすぐ。ラヴァレヴィラージュでは、しっかり食べたいときはMenu Palaisや 安くて早いPrêt à Mangerなど、さまざまなチョイスがあります。マレで買い物をするときは、La Table Cachéeや有名なLes Pincesを試すことができます。

パリ ランチ レストランアおすすめ

レストランの特典クーポンはこちらからチェックできます。

アクティビティに興味がある場合は、アクティビティの特典もチェックしてくださいね。

 


著者&撮影: O'bon Paris team