ETRETAT : 印象派の画家を魅了した絶景の街

Étretat

モネに代表されるフランス印象派の画家たちは、ノルマンディーの景色から多くのインスピレーションを受けてきました。今回ご紹介するエトルタ(Etretat)も画家たちに愛された街のひとつです。写真はモーパッサンが「像の鼻」と呼んだアヴァルの断崖で、こちら側の海は透き通っていて綺麗で、いつまでも見ていられる絶景です。

 

パリからのアクセス

電車
1. Paris - Le Havre - Etretat 
 パリSaint-Lazare駅からLe Havreまで約2時間10分
 Le HavreからEtretatまで24番のバスで約1時間

2. Paris - Bréauté-Beuzeville - Etretat
 パリSaint-Lazare駅からBréauté-Beuzevilleまで約1時間50分。
 17番のバスでEtretatまで約40分(4月から10月まで)

※17番・24番バスの時刻表はこちらでダウンロードできます


バス

パリからLe Havreまで、OuibusFlixbusに乗ってパリからLe Havreまで行き、24番のバスに乗車。

 


Gustave Courbet, 1870 

 

Claude Monet, 1883

 

パリから約4時間と少し遠いものの、絶景を目にするとそんなことも忘れてしまいます。
永遠と広がりを持つかのような美しい海の青!エトルタは白亜の断崖のアーチで有名ですが、中には海抜70mを超えるものもあります。この写真に写っている、 鼻の短い「子ゾウの鼻」もあります。人の大きさと比べると断崖の大きさがお分かりでしょうか。エトルタから見える有名なアーチはアヴァルのアーチ(Porte d'Aval)、そしてポルト・ダモン(Porte d'Amont)で、マンヌポルト(Manneporte)は街からは見えません。
 

観光客としてここを訪れた人だけでなく、釣りを楽しむ人やピクニックを楽しむ人など、夏には多くの人が訪れます。また、エトルタから隣の港町フェカンまでは有名なハイキングコースになっているので是非歩いていくことをおススメします。このルートはG21と呼ばれ、海抜104mの断崖もあるほどの高さで長い断崖を歩くことができます。このパノラマビューに、波の音、そして海鳥の鳴き声を聴きながらゆっくり腰を下ろすのは最高の気分です。

 

カップルで旅行をするのもおすすめですよ。ロマンチックで静かな雰囲気のエトルタは、二人の大切な時間を過ごすのにぴったりです。

 

エトルタは1927年にフランスからニューヨークへ向けて離陸をした航空機、白鳥号 (L'Oiseau Blanc)が見つかったことでも有名です。フランスではシャルル・ナンゼッセとフランソワ・コリが1927年の5月に、パリ―ニューヨーク間の直行便を実現させようとされていました。しかし 大西洋のどこかで突然いなくなり、飛行のミステリーとして人々に記憶されました。エトルタには飛行機の記念像が建てられていましたが、第二次世界大戦のドイツ軍による占領下でまた壊されてしまいます。この新しく、背の高い記念像は1963年に建てられ、博物館の側にあります。

 

LE CLOS LUPIN

エトルタの散策を終えれば、美味しいご飯も待っています。ノルマンディの海沿いにあるこの地域では、美味しい海鮮料理を頂くことができます。ル・クロス・ルパンではエトルタの中でもかなり人気のレストランで、季節の料理が週替わりのメニューで用意されており、常にシェフが新鮮で一番美味しいものを提供しようと試行錯誤しているんだそう。それぞれの料理に合ったワインを飲み、楽しく旅の会話が弾みます。

WHAT TO EAT

たくさんのメニューが用意されているので、海鮮を注文することをおススメします。海の幸がたっぷりとしみ込んだこのクリームソースはたまらなく美味しい一品でした。シーバスに、ホタテがホワイトソースと絡み、ニラと似た味のチャイブで味を引き締めてくれます。

 

Colombages

可愛い木骨造りの家々が並ぶ市内の観光も雰囲気があり、楽しい気分にさせてくれます。マレシャル・フォッシュ広場(Place Maréchal Foch)にある古い市場もおすすめです。レストランやお土産ショップ、カジノなどもこのエリアにありますので、カフェで一息をつくなり、美味しいレストランで食事をするなり、カジノに挑戦してみるなりそれぞれの楽しみ方で素敵な時間をお過ごし下さい。

 


エトルタからの交通アクセス

観光局のすぐ隣に、バス停があります。ここからフェカンへバスで向かったり、アーヴルからエトルタに到着するときなどはこのバス停からのアクセスです。

 

O'BON PARIS' NOTE

夏の間はビーチが綺麗なのでたくさんのヨーロッパ人がリゾート地として、マリンスポーツをたのしんだりゆっくりするためにエトルタを訪れます。それとは対照的に、冬は少し人が減り、曇りや雨の天気も増えるのですが、不思議なことにエトルタの海はとても静かで、浅い青色と黄色が混ざったような、より印象派が描く絵を思わせるような美しさがありました。人が少ない時に訪れるもよし、リゾート的な感覚で夏に思い切り楽しむもよし、たくさんの楽しみ方がある素敵な場所です。但し、夏休みシーズンを終えると、人が少なくなるためにお店を占めるところもありますので調べていってくださいね。

 


原文・撮影 : Mili Nair/ Leona Fujii

翻訳 : Leona Fujii